【映画】「ホームカミング」版も含めた歴代の実写「スパイダーマン」を徹底解説!【スパイダーバース】

どうもチキン(@3104feet)です!

遂に2017年公開の『スパイダーマン ホームカミング』の予告が解禁されましたね!

ティーンの青春ドラマ感やアイアンマンと並ぶシーン、歴代映画スパイダーマンへのオマージュともとれるシーンもありそうですし、凄く楽しみです!

そして例の脇のネット!これは原作ファンは歓喜ですね!

Marvel Masterworks: The Amazing Spider-Man Volume 1 (New Printing)

映画『シビルウォー』でも評価されていましたが、やはり「トム・ホランド」君演じるスパイダーマンはかなり期待できそう!

というわけで今回は日本でも認知度ナンバー・ワン?といっても過言ではないスパイダーマンの実写作品について書いていこうと思います。

『スパイダーマン』(サム・ライミ版)2002年公開

監督  サム・ライミ
主演 トビー・マグワイア
共演 ウィレム・デフォー
キリスティンダンストン

記念すべき実写映画スパイダーマンの第一作!

物語は「トビー・マグワイア」演じる高校生の主人公「ピータパーカー」がスパイダーマンとなるオリジン。

ある日、特殊な蜘蛛に噛まれた事で超人的な力に目覚めたピーター。

その力を使って「スパイダーマン」としてヒーロー活動を続ける彼の前に立ちはだかったのはなんと・・・

親友の父で今作のメインヴィランである「グリーンゴブリン」だった! というお話。

グリーンゴブリン

この作品をきっかけにアメコミ映画やアメコミに興味を持った!って言う人も多いんじゃないでしょうか。

私も初めてアメコミ映画に興味を持った思い出深い作品です。

pose_kandou_man

これ以降二作作られる三部作のトリロジーになるのですが、このトリロジーの興行成績を受けて6部作製作されるといった噂もありましたね(結局は監督サム・ライミが降りてアメイジング・スパイダーマンがリブート作として引き継ぐ形になりましたが)

監督は『死霊のはらわた』などカルト映画で知られる「サム・ライミ」(死霊のはらわたもグロおもしろいので大丈夫な人は是非笑)

死霊のはらわた

今では実写スパイダーマンも原作通り「ウェブシューター」を自作し、糸もお手製といった発明家っぷりを発揮してますが、こちらは特殊な蜘蛛に噛まれた影響で自分の体内で糸を作って出すことが出来ます。(一説には体内から発射される白い「糸」は射精のメタファーだとか)

%e3%82%af%e3%83%a2%e3%81%ae%e5%b7%a3%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%b4%a0%e6%9d%901

では登場人物について簡単に見ていきましょう。

まずトビー・マグワイアの演じるピーター・パーカー

トビー・マグワイア


普段は学校でもいじめられっ子で「ジェームズ・フランコ」演じる親友の金持ちハリー君(ハリー・オズボーン)が唯一の友達。

ジェームズ・フランコ

ヒロインは「キルスティン・ダンスト」演じる「メリージェーン(MJ)」。主人公・ピーターのお隣さんでビッ…エロい同級生!そしてそれがいい!

キルスティン・ダンスト

ピーターはそんな彼女にひっそりと思いを寄せるなんとも童貞臭い主人公です。(これがいいんっすよ!)

そして今作のメインヴィランの「グリーンゴブリン」を演じる「ウィレム・デフォー」のヴィラン顔もたまらん!地顔が他社ですがジョーカー顔ですもの…

ウィレム・デフォー

ちなみこのトリロジー通して微妙な評価をされているMJ役のキリスティンダンストンちゃん(どっかの日本の番組であのヒロインが微妙な映画!って言われてたくらいで…)ですが彼女の胸の凹凸には結構ドキドキした男の子も多かったのではと思います…どきっ

フリー素材

本当に余談ですが、このキリスティンダンストンは映画『ジュマンジ』で主人公と共にゲームに参加する姉弟のお姉ちゃんの方だったりします。

ジュマンジ


この『ジュマンジ』本当に傑作なので見てほしい!

話大脱線して申し訳ありませんがそれだけ言いたかった笑

『スパイダーマン2』(サム・ライミ版)2004年公開

監督  サム・ライミ
主演 トビー・マグワイア
共演 ジェームズ・フランコ
キリスティンダンストン

先程の映画『スパイダーマン』の続編です。

スパイダーマンとしてヒーロー活動を続けるピーターですが、前作で親友の父であるヴィランのグリーンゴブリンを殺害した(関節的にではありますが)ことを引きずりヒーローを引退することを決意するピーターが描かれます。

フリー素材

メインヴィランは「アルフレッド・モリーナ」演じる「ドクター・オクトパス」です。

ドクター・オクトパス

一作目でオリジンを描いた分ヒーローとは何かといった葛藤などの部分を掘り下げており、VFXの扱いなども格段に向上しています。

凄く見応えのある一作です!

『スパイダーマン3』(2007)

監督  サム・ライミ
主演 トビー・マグワイア
共演 ジェームズ・フランコ
キリスティンダンストン

サム・ライミ監督『スパイダーマントリロジー』最終作です。

ヴィランは原作でも人気の高い「ヴェノム」をはじめ「サンドマン」も登場。

ヴェノム

サンドマン


後で紹介する『アメイジング・スパイダーマン』ではヒロインとなる「グウェン・ステイシー」も登場しますが、ここではピーターとは結ばれません。

最後のハリーとの共闘は激アツ展開でしたね!

喜び 感情

サム・ライミ版スパイダーマン通じて出演しているピータパーカーの上司で新聞社の編集長の「JKシモンズ」演じる「J・ジョナ・ジェイムソン」も印象的なキャラクターでした。

JKシモンズ

ちなみにJKシモンズは映画『セッション』の鬼教師役でも強烈な印象を残しましたね!

セッション




『アメイジング・スパイダーマン』(2012)

監督 マーク・ウェブ
主演 アンドリューガーフィールド
共演 エマ・ストーン
リス・エヴァンス

リブート作品ということで主人公ピーター・パーカーがスパイダーマンになるオリジンがまた描かれます。

またベンおじさんが… と思いましたね。

フリー素材

監督の「マーク・ウェブ」の代表作はラブロマンス映画『500日のサマー』(2009)

500日のサマー

この作品の主人公は『ダーク・ナイトライジング』で「ジョン・ブレイク刑事」を演じた「ジョセフ・ゴードン=レビット」で共演は『キック・アス』でおなじみクロエちゃんです!(ちなみにクロエちゃんは彼女ではないですw)

クロエ・グレース・モレッツ


全作の『スパイダーマン』の監督が撮ってきた映画は『死霊のはらわた』ですから、これだけで結構毛色変わるのわかりますよねw

とまあ、また脱線しましたが…

今回、ピーターを演じる主演は「アンドリューガーフィールド」

アンドリューガーフィールド

映画『ソーシャルネットワーク』(2010)では主人公マーク・ザッカーバーグ(演じたのは『バットマンvsスーパーマン』(2016)のレックス・ルーサー役のジェシー・アイゼンバーグ!)の親友を演じて数々の賞を受賞しました。

ソーシャルネットワーク

次に本作のヒロイン、「エマ・ストーン」演じる「グウェン・ステイシー」

エマ・ストーン

エマ・ストーンも映画『ゾンビランド』(2010)でジェシー・アイゼンバーグと共演してたりしましたねw

ゾンビランド

そして今回のヴィランは「リス・エヴァンス」演じるリザード

リザード

こちらも人気のヴィランですね。(ちなみに現在大人気のコミック『スパイダーグウェン』シリーズの世界ではピーターパーカーがこのリザードになり死亡します。)

本作のピーター・パーカーはいじめられっ子というより「正義感はあるけどクラスのボスには勝てない」程度の設定で、前作を見てきた人は「お、ピーターいけいけだな」という風に感じるのかなと。

イケイケな二人

ラブロマンスの監督ということもあり、デートムービーでもいけるんじゃね?ってくらいに綺麗な恋愛が描かれています。

フリー素材

本作のラストではグウェン・ステイシーの父が死亡するのですが、その際にピーターに残した言葉がその後のピーターを苦しめることになります。

フリー素材

2009年の映画『アバター』で3D映画も普及した後でしたので、本作も3D公開され、ニューヨークの街を飛び回るスパイダーマンを3Dで見れたことも印象的でした。

『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)

監督 マーク・ウェブ
主演 アンドリュー・ガーフィールド
共演 エマ・ストーン
ジェイミー・フォックス
デイン・デハーン

今作では前作でのトラウマをひきづりながらもヒーロー活動を続けるピーターに数々のヴィランが襲い来るというもの。

まず一人目のヴィランは「ジェイミー・フォックス」演じる「エレクトロ」

エレクトロ


事故で電気人間になった彼はスパイダーマンへの嫉妬からスパイダーマンの命を狙います。

「ジェイミー・フォックス」はクエンティン・タランティーノの映画『ジャンゴ』(2013)でのジャンゴ役が印象的ですよね!(これまた痛快で最高の映画ですので是非!)

ジャンゴ

続いて二人目はサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズでもお馴染みのグリーンゴブリンです。

グリーンゴブリンの正体はデイン・デハーン演じるピーター・パーカーの友「ハリー・オズボーン」

デイン・デハーン

自身の病気を治す為に必要なスパイダーマンの血液の提供を拒否されたことにより、エレクトロと共にスパイダーマンの命を狙います

「デイン・デハーン」は映画『クロニクル』(2012)でも注目を浴びましたね。

クロニクル


この映画も超人的な力を得た少年達を描いた映画なのですが日本の『AKIRA』のような感じで面白いです!


3人目は原作ではおなじみの「ライノ」なのですが、映画での活躍は…という感じなので割愛。

ライノ

この作品を持って『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは終了するのですが、一応終了前にはスパイダーマンヴィランを扱った『シニスター・シックス』『ヴェノム』の映画化企画も進行していたとか。

ヴェノム


本作の興業的失敗をうけて計画は中断したのですが、本作には根強いファンもおり、凄く評価される作品であると思います。

本作ではヒロインである「グウェン・ステイシー」の悲劇を受けて再起するピーターがラストで少し描かれますが、続編があったならばもっと深く掘り下げたドラマがあったのではないかという惜しさと共に、それが描かれなかったことによって本作を見た人達の創造力を刺激する一種カルト的な作品になったのかなと思います。

フリー素材

続編が見たかった!

そして、本作の中断と共に一方で製作されていた『マーベルスタジオ』が手がける『マーベルシネマティックユニバース』(以下MCU)という同一の世界感で展開されるマーベルの実写映像化プロジェクトの一員として『スパイダーマン』も参加することに。

【アメコミ】マーベル作品の実写企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』を解説!!
【アメコミ】マーベル作品の実写企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』を解説!!
はじめまして、ごりまつ(@Kuro_Gori)です!! 今回は解説するの...

その為に再度リブートされることになったのが今話題の・・・

『スパイダーマン ホームカミング』(2017)

監督 ジョンワッツ
主演 トム・ホランド
共演 マイケル・キートン
ロバートダウニーJr
マリサ・トメイ
ジョン・ファブロー
ゼンデイヤ

映画『シビル・ウォー』(2016)では既に登場しているトム・ホランド演じるスパイディですが、恐らくそのオリジンや『シビル・ウォー』を挟んだ辺りのストーリーが展開されるのではと予想。

シビルウォー

監督はまだ映画監督作品は二作といった若手監督の「ジョン・ワッツ」

「ジョン・ワッツ」代表作:「COP CAR/コップ・カー」


主演の「トム・ホランド」はまだ20歳と将来を期待される若手俳優といったところですが、『シビル・ウォー』では限られた時間の中で今までのスパイダーマンとは異なったトム・ホランドのスパイダーマンを魅せてくれました!

What a great night. Thanks @gq for having me and thank you @dior for suiting me up.

✌️さん(@tomholland2013)が投稿した写真 –

ちなみに映画『白鯨との闘い』(2015)ではシビルウォーには不参加の『ソー』役の『クリス・ヘムズワース』とも共演していたり。

白鯨との闘い

若手監督に若手俳優主演ということですが、脇を固める出演陣は豪華絢爛

『アイアンマン』でおなじみトニー・スタークを演じる「ロバートダウニーJr」や、『アイアンマン1』『アイアンマン2』では監督兼出演もこなしたハッピー役の「ジョン・ファブロー」も出演!

ロバートダウニーJr

そしてヴィランの『ヴァルチャー』役はティム・バートン監督の映画『バットマン』(1989)でバットマン役を務めた『マイケル・キートン』!!!

マイケル・キートン

その他にも『メイおばさん』像をひっくり返した「マリサ・トメイ」

マリサ・トメイ

これまた『MJ』像をひっくり返した?「ゼンデイヤ」(予告見る限る凄く色っぽくてこれは公開始まったらかなりファン出来るんじゃないかと)

ゼンデイヤ

とキャスト見るだけでも期待大の本作!

公開が待ちきれませんね!

ちなみに番外編として、映画以外の実写化作品も少し紹介。

TVシリーズ『The Amazing Spider-Man』(1977)

製作は映画作品と同じくコロンビア・ピクチャーズが製作し、全15話だったそう。

主演は「ニコラス・ハモンド」

TVシリーズ『スパイダーマン』(1978〜1979)


こちらはアメコミ『スパイダーバース』でも話題になった「地獄からの使者!スパイダーマッ!」の方です。

「香山浩介」演じるオートレーサーの「山城拓也」がスパイダー星人・ガリアから、蜘蛛の力を与えられて、スパイダーマンに!仇である鉄十字団と戦うというストーリー。

日本の東映が『スパイダーマン』を借り製作された特撮ドラマシリーズで、日本の戦隊モノよろしくの巨大ロボット「レオパルドン」も登場!

レオパルドン

ちなみにこちらは劇場版もあるらしいです。


こっちはダイジェストでの映像でしか観たことが無いのでいつか見てみたい作品…!

というわけで『スパイダーマン』は数々の実写作品が作られてきたのがわかりますね!

新スパイダーマン『スパイダーマン ホームカミング』公開までに歴代の実写スパイダーマン作品を見ておくと意外な発見もあるかもしれないので是非!

ではまた!

amzn_2012-11_205507-e1481457829699

スパイダーマンのレビュー記事はこちら!

【S.H.フィギュアーツ】スパイダーマン(ホームカミング)をレビュー!可動領域がすごい!
【S.H.フィギュアーツ】スパイダーマン(ホームカミング)をレビュー!可動領域がすごい!
どうも、ごりまつです! とうとう「スパイダーマン ホームカミング」が公開...
【マーベルレジェンド】『スパイダーマンホームカミング』 スパイダーマン&アイアンマン 2パックをレビュー!
【マーベルレジェンド】『スパイダーマンホームカミング』 スパイダーマン&アイアンマン 2パックをレビュー!
どうも、チキンです! 今回は先月行ってきたトイサピエンスの『スパイダーマンホーム...
【マーベルレジェンド】「スパイダーマン:ヴァルチャーシリーズ」のレビューまとめ!【ホームカミング】
【マーベルレジェンド】「スパイダーマン:ヴァルチャーシリーズ」のレビューまとめ!【ホームカミング】
どうも、ごりまつです! 先月ですね、とうとうやってしまいました。 「マーベ...
【マーベルレジェンド】「スパイダーマン(ホームメイドスーツ)」をレビュー!【ホームカミング】
【マーベルレジェンド】「スパイダーマン(ホームメイドスーツ)」をレビュー!【ホームカミング】
どうも、ごりまつです! 今回紹介するのは・・・ 「マーベルレジェンド」「ホ...
【レビュー】マイティマイクロ:スパイダーマン VS グリーン・ゴブリン!レゴ沼への第一歩!
【レビュー】マイティマイクロ:スパイダーマン VS グリーン・ゴブリン!レゴ沼への第一歩!
どうもチキンです! 遂にやってしまいました! これに手を出したらやばいと思...
【リボルテック】コミックスを完全再現!「アメイジングヤマグチ」の「スパイダーマン」をレビュー!
【リボルテック】コミックスを完全再現!「アメイジングヤマグチ」の「スパイダーマン」をレビュー!
どうも、ごりまつ(@Kuro_Gori)です! 今回は2度目のフィギュアレビュー記事! ...
【マーベルレジェンド】『スパイダーマン(MCUバージョン )』レビュー
【マーベルレジェンド】『スパイダーマン(MCUバージョン )』レビュー
どうもチキン(@3104feet)です! それでは今回紹介するフ...
The following two tabs change content below.
チキン

チキン

アメコミ映画に夢中なギーク。映画、フィギュア、コミック色々手を出してます。フィギュアはマーベルレジェンド中心に映画系フィギュア。最近のお気に入りはフラッシュ。