【S.H.Figuarts】『ソー』レビュー!ハンマーアクションがキマる!

またお会いしましたね、チキンです。

では、今回は前回に引き続き『ソー:ラグナロク』のトレーラーに触発された私がおくる、今更レビュー。

『S.H.Figuarts』より『ソー』のレビューです!

S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ ソー 約155mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

キャラクター名
Thor
価格 サイズ 発売日
6264円 155mm 2015年9月19日

PACKAGE -パッケージ-

Front :正面

ロゴのデザインもカッコイイパッケージ

Back:裏

どの角度からもかっこいい!

Side:側面

それでは開封!

Set:セット

  • ソー 本体
  • ムジョルニア
  • 替えハンドパーツ✕4
  • 飛行用ムジョルニアパーツ
  • 替え目線パーツ✕2

目線パーツが初めてだったので、どんな感じか気になりますね。

BODY -本体-

Front :正面

少ししょぼんとしたように見えましたが、実際こんなものだろうなと

Side:側面

横から見ると結構マッチョ

Back:裏

やはりマントの構造が気になる。

Details:細部

よく言われるヘッドパーツの違和感ですが、個人的に気になりませんでした。少し手を加えると結構良い感じになるんじゃないかなぁ

後頭部の結った髪も造形されてます

ちなみにマントは着脱可能

Action:動作

腕の可動箇所はこんな感じ

頭はやはり髪パーツが干渉して上向きが厳しいです

腹関節は硬質パーツのアーマーが干渉して自由度は低め。(一応アーマー部にも可動箇所があり、干渉を避ける配慮はされています。)

腰回りのアーマーパーツは軟質なので股あたりの可動は良いです。

マント部分は首周りが軟質、それ以外が硬質パーツ 硬質部分は3分割されており、横に可動します。(ただこの分割によりマントが落ちやすく結構ストレス)

上下可動も可能です。

Accessories:付属品

『ソー』には必須なムジョルニアも持ち手部分の造形などかなり凄い

装着はこのようにハンマー部と分割して行います。

やはりハンマーを持たせると一気に引き締まりますね。

替えの目線パーツはこのようにヘッドを分解して装着

通常の正面目線

左向き目線

右向き目線(個人的にこれが一番かっこいいかなぁと)

ただこの替え目線パーツ自体が本体との接合部分になるので、交換が面倒でしょうがないw

飛行時のムジョルニアパーツをつけるとこんな感じ

遊んでみた!

雷エフェクトほしくなるポーズ

戦闘態勢

自分のいじる技術のなさか、すこしこのポーズは難しい

とびかかり

COMPARISON -比較-

『マーベルレジェンド』/『ソー』

レジェンドの『ソー』ってやっぱでかいよねwレジェンドはマントが軟質ですが、可動に干渉しまくりで、アクションには不向きだったりします。

ムニョムニョの大きさやアーマーの塗装色の違いなど結構違いますね。

一応前回の『ハルク』も含め『マーベルレジェンド』シリーズと比較。

【関連記事】
【S.H.Figuarts】「ハルク」をレビュー!ゴツくてよく動く!!!

SUMMARY -まとめ-

いかがだったでしょうか。

可動やオプションパーツなど遊びのバリエーションが豊富な『S.H.Figuarts』シリーズでしたが、とりあえず『ソー』のマントは布素材にてほしいのと、すっかり浸透してきた『デジタル彩色』でヘッドパーツを作って『ハルク』『ソー』共に製作してほしいですねぇ

勿論『ラグナロク』バージョンの二体でも出ようものな即買いですよね!

いや、最近の「バンダイ」さんはやってくれるので、信じてますよ!

ではまた!

【関連記事】
「ソー:ラグナロク」の新トレーラー公開!ハルクと決闘!

「マーベル・アベンジャーズ事典[増補改訂版]」予約開始!60人以上キャラクターが追加! 

The following two tabs change content below.
チキン

チキン

アメコミ映画に夢中なギーク。映画、フィギュア、コミック色々手を出してます。フィギュアはマーベルレジェンド中心に映画系フィギュア。最近のお気に入りはフラッシュ。